プロジェクターの格安レンタルでおすすめの会社比較ランキング!

会議やプレゼンテーションに欠かせないツールである、プロジェクター。時期によって使用頻度が異なる組織もあれば、長期の出張などによって、数日間持ち出さなければいけない場合もあるでしょう。かといって、多くの在庫を抱えておくのは非効率的です。プロジェクターのレンタルサービスは、時期によってプロジェクターの使用頻度が変わる組織の強い味方となります。レンタルをうまく取り入れることによって、コストパフォーマンス良く使用していくことができるでしょう。今回はプロジェクターレンタルにおいて、おすすめの会社をご紹介します。

プロジェクターのレンタルとは?

あらゆる場所でプロジェクターを使うことができる

プロジェクターのレンタルサービスは、会議やプレゼンテーションにおいて必要なプロジェクターを、貸し出すサービスです。多くの場合は、全国どこへでも配送ができるシステムを取り入れているため、出張先での使用にも便利です。

プロジェクターレンタルのメリット

繁忙期だけ借りることができる

時期によって必要なプロジェクターの個数が変わる人におすすめ

時期によって、必要なプロジェクターの個数が変わるという組織も多いことでしょう。業務の閑散期は社内の打ち合わせ程度でも、繁忙期にはさまざまな会場で、並行して複数のプロジェクターを使用したいというケースもあります。必要な時期に、必要なだけの個数を借りることができるレンタルサービスは、非常に効率的といえます。

さまざまな種類を借りることができる

さまざまな環境で使用する人におすすめ

プロジェクターを使用したいシチュエーションが、都度変わる場合にも、プロジェクターのレンタルサービスがおすすめです。プロジェクターを見る人数が大人数なのか少人数なのか、つまり、使用する会場が広いか狭いかによっても、使用するプロジェクターの種類は変わります。また、プロジェクターを持ち歩く必要があるかどうかによっても、選ぶ種類は変わるでしょう。

プロジェクターレンタルの流れ

プロジェクターレンタルをネットで予約

プロジェクターはネットで簡単に予約できる

インターネット上でも、プロジェクターのレンタルサービスは展開されています。レンタル会社のホームページにアクセスし、サイト上からレンタルしたい製品と日にちを予約することができます。予約には締切日が設けられている場合もあるため、事前に確認しておくのがおすすめです。最短で当日の受け渡しが可能です。

プロジェクターを受け取り、使用する

空港やホテルなどでも受け取ることができる

プロジェクターを出張先で必要とする場合もあるでしょう。プロジェクターのレンタルサービスでは、直接受け取りのほか、配送に対応している場合がほとんどです。自宅や職場への配送だけでなく、空港やホテルなどの施設での受け取りに対応している会社もあります。

プロジェクターをコンビニや郵便局から返却

郵便局やコンビニから返却できる

返却の際は、指定された袋や箱に入れて、郵便局やコンビニから返却することができます。プロジェクターを持ち出して出張した場合なども、地方から発送することが可能です。返却期限日の24:00までに発送手続きをすれば良いとしている会社がほとんどです。

プロジェクターレンタル会社の選び方

レンタル料金で選ぶ

送料や返送料金もポイント

レンタル会社によって、プロジェクターのレンタル料金は異なります。性能が最低限の小型プロジェクターであれば、1日あたり3000円が相場です。特にポイントといえるのは、送料や手数料でしょう。配送地域によって送料が変わる会社もあれば、全国一律で1000円強の会社もあります。また、レンタル料金が一定金額を超えると、送料や手数料を無料にする会社もあります。レンタル料金と送料および手数料の合計金額で、判断するのが良いでしょう。

急なレンタルに対応しているかどうかで選ぶ

当日レンタルに対応している会社もある

急なスケジュール変更や、予期せぬトラブルによって、急遽としてプロジェクターをレンタルする必要が生じる場合もあります。当日でもレンタルに対応しているのか、最短で何時間で受け取ることができるかどうかは、非常に重要なポイントです。ネット予約を受け付けているがゆえに、当日レンタルに対応していない会社も多い中、最短の場合、予約後2時間で受け取ることができる会社もあります。

レンタル期間で選ぶ

短期間からレンタルできるかどうか

レンタル期間も、レンタル会社を選ぶ上でのポイントとなります。プロジェクターのレンタル期間は、2泊もしくは3泊以上からを想定したプランを組んでいる会社も多くあります。1泊で十分、もしくは数時間で十分な場合、必要以上の料金がかかってしまうことになります。1泊もしくは数時間から対応でき、不要なコストをかけずに済むかどうかにも着目しましょう。

プロジェクターレンタルおすすめの機種シリーズ・メーカー

EPSON

性能においてバランスのとれた定番ブランド

国内、海外ともに、トップクラスのシェアをとり続ける定番ブランド「EPSON」。ビジネスシーンにおいても使いやすい機能を網羅しています。画質にも定評があり、高性能を誇る製品となっています。家庭用プロジェクターも人気が高く、ホームシアターなどの用途にも需要があります。画質や機能、大きさや重さなど、全体的にバランスのとれたブランドといえるでしょう。

SONY

ポータブルタイプの超単焦点型プロジェクターが人気

世界的に人気のあるブランド「SONY」。4Kに対応しているプロジェクターの開発を手がけるなど、画質重視の製品を多く生み出しています。人気があるのはコンパクトな超単焦点型タイプのプロジェクターです。80インチの大画面を投影できるにも関わらず、持ち運びに便利で、場所をとらない手のひらサイズというのが魅力です。

ASUS

ハイパフォーマンスの小型プロジェクターが人気

台湾のブランドである「ASUS」。優れた性能と、スタイリッシュなデザインが人気です。特に注目すべきは、超小型のポータブルプロジェクターでしょう。ポケットサイズと銘打ち、手のひらサイズでありながら、機能は充実しています。画質の良さはもちろん、ワイヤレスプロジェクションにも対応しており、台形補正も安定しています。

プロジェクターレンタルでおすすめの会社比較ランキング

モノカリ

当日レンタルに対応

急なレンタルに強いのが、モノカリの魅力です。モノカリのレンタルは当日の予約が可能で、最短で申し込みから2時間後に貸し出し可能です。ネット上で受付をしている会社の多くは、当日レンタルに対応していないことも多いため、緊急のときには強い味方となる会社と言えるでしょう。

業界最安値

モノカリのプロジェクターレンタル料金は、業界最安値です。最も安い価格のものだと、2泊3日で3730円となります。これは1日あたり約1200円程度となります。また、全国配送が送料無料です。返送時の送料まで無料なのは、他に類を見ないサービスといえるでしょう。

レンタルAPEX

最短で翌日レンタルが可能

レンタルAPEXは最短で翌日レンタルが可能な、レンタルサービスです。営業日の16時までに予約を確定した場合、当日発送しています。全国に発送が可能です。2泊3日以上のレンタル、およびレンタル料金3000円以上で、送料が無料となります。

緊急時のレンタルが難しく一部地域でのレンタルは割高

予約から手元に届くまでのスピードは早いものの、最短で翌日着であるため、緊急のレンタルには対応しきれないのが難点です。また、「レンタル期間が2泊3日」と「レンタル料金が3000円以上」の条件を満たせていない場合、送料は1080円となります。なお、条件に関わらず、北海道は660円、沖縄本島は2200円の送料がかかってしまいます。

ART RENTAL

プロジェクターの品揃えが豊富

プロジェクターとビデオカメラに特化したレンタルサービスです。プロジェクターに関しても種類が豊富で、1泊2日という短期間から利用可能です。最安値は1泊3000円となります。東京都内の配送は、専属ドライバーによる代金引換に対応しています。

手間と時間がかかるのが難点

インターネットでの予約は、利用日の1週間前までに完了させておく必要があるため、急ぎの使用には不向きといえるかもしれません。また、レンタル機器が複数個の場合は、保証金を支払う必要が生じる場合もあり、少し手間がかかります。返却時の送料が自己負担というのも、地方での利用には不向きと言えるでしょう。

NEGA

高性能プロジェクターを曜日や時間帯を問わずにレンタルできる

高輝度なプロジェクター専門のレンタルサービスです。レンタル期間は1泊から可能です。年中無休で15:00〜26:00まで営業しており、土日祝日や、深夜もしくは明け方でのレンタルにも柔軟に対応しています。

高性能プロジェクターのみ取り扱いのため料金は非常に高め

6500レーメン以上の高輝度プロジェクターを扱っているため、利用料金は1日20000円からと高めの価格設定となっています。レンズのレンタルも別途料金がかかります。大きな会場での公演などの利用に向いているため、性能に重きを置いていない場合は、他社サービスを利用したほうが良いでしょう。

電助レンタル

あらゆる用途に対応した品揃えが魅力

プロジェクター専門のレンタルサービスです。充実した品揃えが魅力で、安価なものから高価なものまで幅広く取り揃えています。使うシーンによって選べる機材の幅があるのが魅力です。店舗での支払いが可能であれば、当日レンタルもできます。

一部地域では割高になってしまう可能性あり

返却時の料金は自己負担となります。また、発送時の送料は原則無料ですが、離島や沖縄県に関しては要相談となっており、一部地域では料金がかさんでしまうおそれがあります。申し込みは電話からは行えず、ネットのみの対応となっています。

プロジェクターレンタル屋さん

周辺機器の取り扱いがあり支払い方法も充実

プロジェクターのみならず、パソコンやスピーカーなど、周辺機器もあわせて揃えられることが魅力のレンタルサービスです。最安値のものは1日3000円からレンタル可能です。また、支払い方法が充実しており、銀行振込やクレジットカード払いのほか、コンビニ払いや楽天ペイ、Amazon payにも対応しています。

緊急時のレンタルが難しい

返送時の送料が自己負担となってしまうため、地方での利用は料金がかさんでしまう可能性があります。また、電話での対応はしておらず、ネット上での予約から最短翌日でのレンタルとなります。緊急時のレンタルには向いていないかもしれません。

ダスキンレントオール

イベント企画から相談できる

イベント用品のレンタルに特化したサービスです。イベント企画から相談することができるため、プロジェクターのレンタルのみならず、さまざまな提案を受けることができます。設営や撤去に関しても、有料サービスがあります。

プロジェクターレンタルのみでは割高

他社に比べるとレンタル料金がやや高めの設定です。プロジェクターの最安値は1泊2日で税込33000円です。イベント全体の運営まで相談するには魅力的なサービスですが、レンタルのみでは割高になってしまいます。

プロジェクターは当日レンタル可能ですか

当日レンタルに対応しているのはごくわずかです

さまざまなプロジェクターのレンタルサービスがありますが、当日レンタルに対応しているのはごくわずかです。多くの場合は、最短翌日からのレンタルとなり、場合によっては1週間から3日前までの予約を求められることもあります。

プロジェクターレンタルに送料はかかりますか

送料が完全無料の会社はほとんどありません

送料はレンタルサービス会社によって大きく異なります。条件付きで送料無料としている会社もあれば、一部地域では送料必須としている会社もあります。また、返送時の送料は自己負担という場合がほとんどです。送料が完全無料の会社は、滅多にないといえるでしょう。

プロジェクターレンタルの支払い方法はどのようなものがありますか

キャッシュレスを導入している会社はわずかです

ごくまれに、コンビニ決済や電子マネー決済に対応しているレンタルサービス会社もあります。ただし、多くの場合は、銀行振込や代金引換を含む、現金決済が主流です。クレジットカード決済を導入している会社であれば、スピーディーな対応が望めるでしょう。

プロジェクターレンタルの期間はどのようになっていますか

最短で1日から対応しています

プロジェクターレンタルは、最短で1日から対応している会社もあります。実際の使用期間に関わらず、最低2泊3日の料金を求める会社も多く、1日あたりの金額が安いからといって、最終的な金額が安くなるとは限りません。

プロジェクターレンタルの返却はどのようにしたら良いでしょうか

コンビニや郵便局から発送すれば問題ありません

多くの場合は、コンビニや郵便局からの発送をもって返却としています。返却期日の当日までに発送手続きをすることで、返却と見なされる場合が多いです。ただし、返却時の送料が自己負担となることがほとんどです。専用の箱や袋が用意され、送料もかからないレンタルサービスを選ぶのが安心です。

まとめ

プロジェクターをお得にレンタルするならモノカリがおすすめ

総合的に見て、プロジェクターレンタルに最もおすすめなのは、モノカリです。業界最安値の料金設定は非常にお得です。全国配送は条件なしで一律無料ですし、返却時の送料も無料なレンタルサービスは他に類を見ません。ネット予約が可能で、最短で当日にレンタルできるのも、モノカリならではと言えるでしょう。